胡蝶蘭の植え替え時の適切な時期

胡蝶蘭胡蝶蘭の植え替えは、いつ行ってもいいわけではありません。基本的に推奨されているのが、春から初夏です。どんなに遅くても、初秋までには植え替えを終わらせてください。胡蝶蘭は寒さに弱い植物です。そのため、胡蝶蘭が弱る晩秋や冬は避けてください。その時期に無理に植え替えを行ったことで、本格的に枯れさせてしまう場合もあります。

植え替えは、簡単に思えて胡蝶蘭には大きな負担をかける作業です。その理由として、植え替え時には必ず胡蝶蘭の根を痛めるからです。そのため、1年に何度も植え替えをするのも良くありません。何度も植え替えをすることで、胡蝶蘭の健康状態も損ねる場合があるので気をつけましょう。

胡蝶蘭は植え替え必須ではありませんが、長く楽しみたい人はなるべく植え替えをしましょう。特に、花が終わった後は不健康な根も交じっているため、これらが原因となって病気を誘発する可能性もあります。不必要な根を取り除く意味でも、植え替えを推奨する人は少なくありません。胡蝶蘭は手間暇をかけることで、それに応じた楽しみを見せてくれる植物で。花が終わったからと言って、そこで終わらずにもう一度花を咲かせることに挑戦してみてはいかがでしょうか。